enjoy! フィリピン留学ライフ 楽しみ方ガイド グルメ

/フィリピン留学・
セブ島語学留学をサポート【スタディ フィリピン】

Bridges for International Communication

全国8箇所にご相談窓口を設けております。

Bridges for International Communication
仙台オフィス東京オフィス横浜オフィス名古屋オフィス大阪梅田オフィス福岡オフィス大分オフィス
営業時間 10:30~17:00 (定休日:年末年始)
050-5807-3410 050-5807-3410
  • ※お電話でのカウンセリングはお承り出来ません
  • ※お電話でのお問い合わせの際は「スタディフィリピンのHPを見た」とお伝え下さい

menuボタン

enjoy! フィリピン留学ライフ 楽しみ方ガイド グルメ

楽しみ方ガイド

グルメ

グルメ

せっかくフィリピンへ留学をするのですから、ぜひ現地の料理を満喫してはいかがでしょうか?ここでは、フィリピンへ行ったらぜひ1度は食べておきたいフィリピン料理を紹介します。

フィリピン料理の特徴

その国の文化・環境から生まれた料理を食すのが、海外を訪れたときの醍醐味!
フィリピン料理は、タイ料理やベトナム料理と違い、あまり馴染み深いものではありません。
しかし、フィリピンでは肉や魚介を使った料理がたくさんあります。また、フィリピン料理の特徴としてスペインに統治されていた時代があったことから、トマトソースやビネガーを使用したものが多いとされています。
酸味や甘味、塩味が効いた料理が多く、辛い料理はほとんどありません。 せっかくフィリピンへ留学するのですから、現地の料理に舌鼓を打ちましょう。

フィリピンへ行ったらぜひ食べたい地元グルメ

◆ シシグ

細かくカットした豚肉をにんにくや、しょうゆ、ビネガー、唐辛子と一緒に鉄板で一緒に炒めた1品。
生卵とネギをのせて仕上げているので、フィリピンでも主食のご飯によく合います。

◆ パンシットカントン

日本の焼きそばに近い麺料理です。豚肉、にんにく、ニンジン、ピーマンと一緒に炒められています。
味付けはソースではなく、ナンプラー、塩、こしょうで味付けされているもで、あっさりした味わいです。

◆ アドボ

フィリピンの定番グルメといっても過言ではない料理です。豚肉や鶏肉をしょうゆ、こしょう、にんにく、ビネガーなどでじっくりコトコトと煮込みます。日本人にも人気のメニューです。

◆ ルンピア

フィリピンの揚げ春巻きです。スティック状になっているので食べやすく屋台で販売されています。具材は、日本の春巻きとほとんど変わりませんが、スイートチリなどを付けていただくのが一般的です。

◆ レチョン

お祭りやイベントの時に欠かせないという1品。内臓を取り除き、香草を詰めた子豚を1日かけて炭火でじっくり焼き上げます。皮はパリパリと香ばしく、肉は柔らかくてジューシーです。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。