過ごし方ガイド

/フィリピン留学・
セブ島語学留学をサポート【スタディ フィリピン】

Bridges for International Communication

全国8箇所にご相談窓口を設けております。

Bridges for International Communication
仙台オフィス東京オフィス横浜オフィス名古屋オフィス大阪梅田オフィス福岡オフィス大分オフィス
営業時間 10:30~17:00 (定休日:年末年始)
050-5807-3410 050-5807-3410
  • ※お電話でのカウンセリングはお承り出来ません
  • ※お電話でのお問い合わせの際は「スタディフィリピンのHPを見た」とお伝え下さい

menuボタン

過ごし方ガイド

過ごし方ガイド

フィリピンへの語学留学を考えているみなさんにとって、現地での滞在先は一番の心配事かもしれません。
フィリピン留学の初日から学生寮に直行したり、とりあえずホテルに仮住まいしておいて後々アパートに引っ越したり、ちょっとお財布にゆとりのある人は快適なコンドミニアムで暮らしたり…フィリピンでの新しい生活を楽しみましょう。
滞在先ごとのページで詳細をご覧いただけます。フィリピン留学の計画時にお役立てください。

学生寮

学生寮

ホテルやホームステイでの滞在を考える方もいると思いますが、海外からフィリピンに留学する学生の多くは学生寮で生活します。これは、ほとんどの語学学校が学生寮を併設していて、料金も学費と滞在費を併せているところが多いため。
安全面の理由からだけでなく、離れたところから通うのと違って通学時間がかからないので勉強に集中できます。そのうえ食費や交通費が別途かからないため経済的です。

ホテル

ホテル

フィリピンへ語学留学期間は長くても半年、短い人は1週間程度という人たちがほとんど。費用は割高ですが、1〜2週間程度の滞在であればホテル住まいも良いかもしれません。煩わしい手続きが必要なく、定期的に部屋の清掃もしてもらえます。
語学学校によってはホテル滞在を取り扱っているところもあるので、事前に確認してみましょう。

コンドミニアム

コンドミニアム

南国のフィリピンらしくリゾート気分も味わいたいならコンドミニアムがおすすめ。きれいで快適な環境で生活できるでしょう。 また、学校とプライベートを分けたい人や、フィリピンで家を借りて生活するという経験をしてみたい人におすすめします。ただし、自分で家賃交渉を行うにはそれなりに高い英語力を要するので、英語に自信がない場合は、日本人経営のエージェントを探した方がよいでしょう。

アパート事情

アパート事情

フィリピンにロングステイをする人々に、コンドミニアムと並んで選ばれているのがサービスアパートメント。コンドムニアムと同じような集合アパートのことです。
清掃はもちろん、シーツやタオルを交換してくれるホテル同様のサービスがあります。また、賃貸期間も柔軟。賃貸住宅やコンドミニアムのような最低賃貸期間はなく、1週間単位からの利用が可能です。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。