フィリピンの習慣 レンタカー

/フィリピン留学・
セブ島語学留学をサポート【スタディ フィリピン】

Bridges for International Communication

全国8箇所にご相談窓口を設けております。

Bridges for International Communication
仙台オフィス東京オフィス横浜オフィス名古屋オフィス大阪梅田オフィス福岡オフィス大分オフィス
営業時間 10:30~17:00 (定休日:年末年始)
050-5807-3410 050-5807-3410
  • ※お電話でのカウンセリングはお承り出来ません
  • ※お電話でのお問い合わせの際は「スタディフィリピンのHPを見た」とお伝え下さい

menuボタン

フィリピンの習慣 レンタカー

フィリピンの習慣

レンタカー

レンタカー

フィリピンに語学留学をした際には、バスや電車、タクシーなど様々な交通機関を使うはず。もしも大人数でどこかに出掛ける時や、交通の便が良くない場所に行く場合は、レンタカーがおすすめです。ここでは、フィリピンでの留学生活をより快適にしてくれるレンタカーについてご紹介します。

タクシーのような快適さを

フィリピンのレンタカーは、気軽に使える3人までの小さな普通乗用車から、12人乗りなどの大きなワゴン車タイプまで、日本と同様に人数や目的に合わせて選べます。日本と大きく違う点は「運転手付き」という事でしょう。
現地を知り尽くした運転手が付いているので、渋滞回避の裏道を通り時間短縮が出来たりするだけではなく、フィリピンに語学留学に来たばかりで、初めての土地で緊張しながら運転したり、複雑な交通ルールに神経質になることもありません。
特に、フィリピンは日本ほど交通網の発達がされていない土地が多いので、信号が見えにくかったり、車線がはっきりしていなかったりする車道も多く、危険が伴います。
また、交通マナーも日本とは違うので、慣れていない間は緊張の連続になってしまうかもしれません。そのため、日本のタクシーとレンタカーの良い点を掛け合わせた便利さのレンタカーを利用しない手は無いでしょう。

相場を見極める力を

慣れてしまえば、フィリピンでレンタカーを借りるための契約はそれほど難しくはありませんが、初めての申し込みの際は、やはり語学留学先の先生や先輩に手助けしてもらうと良いかもしれません。
複雑な書類もあり、日本語での説明や案内もあまり無い場合が多いため、最初は自分で直接申し込むことは避けた方が無難です。だからとは言え、仲介業者や旅行代理店を通す場合は特に注意が必要です。
あいまいな部分が出やすい仲介手数料が上乗せされるだけではなく、「年式が相当古かった」「クーラーが全く効かなかった」など、不満やトラブルは少なくありません。
そのため、日系のレンタカー会社の場合は比較的安心なので、事前にホームページなどを確認しておきましょう。
但し、価格だけで判断せず、車種や保険、年式は最低限確認しましょう。
もちろん、英語とタガログ語と日本語が話せる運転手が付いているかが重要です。

料金の目安

短時間ではあまり貸してくれない場合が多い

日本のように、「1時間だけ借りたい」など、短時間ではあまり貸してくれない場合が多いです。
そのため、大体2時間から受け付けてもらえるレンタカー業者がほとんど。料金は車種や年式により異なりますが、カローラやランサーなどの庶民的なセダン車のレンタル料金は、運転手が付いても1日4,000ペソ位が相場です。また、人数が多い場合は、ハイエースなど大型のワゴン車タイプとなり、セダン車タイプよりも2、3割高くなります。そして、ガソリンは利用客が負担することがほとんどです。
さらに、市街地と郊外に出かける場合とではレンタカー会社によっては料金が異なる場合がありますので事前に必ず確認を。そして、時間の超過などの追加料金を請求する業者も多いですから気をつけましょう。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。