英語脳を育てるヒント

/フィリピン留学・
セブ島語学留学をサポート【スタディ フィリピン】

Bridges for International Communication

全国8箇所にご相談窓口を設けております。

Bridges for International Communication
仙台オフィス東京オフィス横浜オフィス名古屋オフィス大阪梅田オフィス福岡オフィス大分オフィス
営業時間 10:30~17:00 (定休日:年末年始)
050-5807-3410 050-5807-3410
  • ※お電話でのカウンセリングはお承り出来ません
  • ※お電話でのお問い合わせの際は「スタディフィリピンのHPを見た」とお伝え下さい

menuボタン

英語脳を育てるヒント

フィリピン留学前のLet's study English

英語脳を育てるヒント

英語脳を育てるヒント

留学前に「英語脳」の有効性についてご説明します。英語脳を習得していると日々の生活がぐんと楽になります。

英語脳とは

語学学校によっては日本人より他国からの留学生の方が多く集まるところもあり、特にその場合は先生だけでなく隣の席の生徒さんとの共通言語も英語になります。また、たとえ日本人生徒が多い学校であっても校内では英語以外で会話が禁止されていることが多いので、休み時間にも英語をたくさん使うことになるでしょう。少しでも周囲とコミュニケーションをとって、フィリピン留学中の学校生活を楽しんでください。

  • 「What is this?」⇒「これは何?あーえっとこれはペンです。」⇒「This is a pen.」

この時の「これは何?あーえっとこれはペンです。」←コレ!
頭の中で英語を日本語→解釈→日本語を英語 と処理するのではなく、
英語→解釈→英語 と、日本語に転換していた箇所を省いて表現できることを英語脳と言います。
あなたがもし無意識に「Oops!」 と声に出てしまうようであれば完全な英語脳ですね。
この英語脳であるかないかで会話のペース、理解のスピードは大きく変わってきます。
ではいったい、英語脳を作るにはどうすればいいのかいくつかご紹介していきます。

ヒント1:英語にたくさん触れる

日本語と英語では発音の周波数が全く違います。それ故に英語を聞いてもうまく聞き取れない・理解することができない、という状況が起きます。
それを打開するには、より多くの英語を聞き取り、耳を慣らすことです。
普段から洋楽を聴くなどして英語の発音周波数を毎日少しずつ取り入れることで、気づけば英語がスローに聞こえ、何を言っているかわかってくるようになります。そのための教材はたくさんありますが、まずは洋楽を聴き、英語を聞くことに慣れることから始めてみましょう。

ヒント2:生活環境に英語を取り入れる

日本で生活する上ではほとんど日本語しか使用しません。その中で少しずつ英語を混ぜることを始めてみましょう。
例えば
・スマートフォンの言語設定を英語にしてみる→いつも使っているスマホであれば英語になってもわかるはず。
・英字新聞を読む→日本の方向けの英字新聞もあります。
その他にも身の回りに英語を取り入れる事によって少しずつ英語脳に近づいていきます。

ヒント3:思い切って全てが英語の環境である海外に出向いてしまう

少し極端な例かもしれませんが、ビジネスで英語を使用している方に聞くと、この意見が一番多いです。
つまり海外に行ってしまうこと、これは英語を習得する上でとても良い影響をもたらします。
私達が日本語を覚え始めた幼い頃、ご両親の表情を見ながら、意味のわからない日本語聞き、ジェスチャーを混ぜ、たどたどしく真似をしながら覚えていったはずです。その時の気持ちになることはできませんが、周りは英語しかなく、覚え始める環境という意味ではかなり有益であり、英語脳を習得するのに手っ取り早い方法の一つです。

英語脳を習得するヒントを3つあげさせていただきました。
何はともあれわからないことに挑戦する事はそう簡単なことではありませんが、挑戦していくことこそ英語脳を育てることに繋がります。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。