フィリピンの習慣 交通事情

/フィリピン留学・
セブ島語学留学をサポート【スタディ フィリピン】

Bridges for International Communication

全国8箇所にご相談窓口を設けております。

Bridges for International Communication
仙台オフィス東京オフィス横浜オフィス名古屋オフィス大阪梅田オフィス福岡オフィス大分オフィス
営業時間 10:30~17:00 (定休日:年末年始)
050-5807-3410 050-5807-3410
  • ※お電話でのカウンセリングはお承り出来ません
  • ※お電話でのお問い合わせの際は「スタディフィリピンのHPを見た」とお伝え下さい

menuボタン

フィリピンの習慣 交通事情

フィリピンの習慣

交通事情

交通事情

フィリピンの交通事情は日本とは大きく異なります。
万が一、下調べをせずにフィリピンに語学留学へ行った際にはかなり戸惑うはずです。
日本では当たり前のように利用していた乗り物にも頼れないことが多いので、ここではフィリピンの留学前に必要な交通事情をご紹介します。

平日の渋滞

平日の渋滞

フィリピンでは、平日の渋滞がとても劣悪です。
特に、朝と夕方の通勤時間での渋滞はひどく、特別な理由が無ければ、出来るだけ車に乗ることはやめましょう。
これは、フィリピンの車の数に対して、都市計画など道路計画がきちんと対応出来ていないことが原因だと思われます。その一方で、日曜や祝日は道路がガラガラの状態が多いです。

一番のおすすめはタクシー

フィリピンでの留学中の移動にはタクシーがおすすめ。初乗り料金が日本円で100円ほどと安いため、日本よりも気軽に利用することが出来ます。基本的にはメーター制なのですが、時折、交渉で決めるドライバーもいるため、あらかじめ相場を知っておくと良いでしょう。またタクシーには、ドアの内側に会社名と電話番号が記載されているので、メモを取ることも大切です。

その他の交通手段

◆ レンタカー

フィリピンのレンタカーは基本的に運転手付きの乗り物です。
語学留学先が休日の時などに、郊外へ観光に行く際にも「すぐにタクシーが捕まるか」という心配が省けるのでおすすめ。万が一、手続きなどのやりとりが心配な方でも、日系のレンタカー会社もあるため安心です。
また料金も比較的に安いため、大人数で外出する際には、タクシーよりも割安になる場合もあります。

◆ ジプニー

ジプニー

地元の方はもちろん、フィリピンで留学中の方にもよく利用されているのが「ジプニー」です。
これは、トラックの荷台に座席を並べて改造した乗合の乗り物です。派手な装飾の車体には行き先が書いてあり、それぞれ決まったルートを走ります。また停留所が無い交通事情のため、好きな場所で乗り降りが出来ます。
料金は場所によって異なりますが最低料金が20円前後です。

◆ トライシクル

トライシクル

オートバイの横に、乗車が出来る荷台が付いた乗り物です。
裏通りや細い路地など、狭い道でも通れるので、渋滞回避などにも重宝。
但し、平日の通勤時間やイベントがある際には、トライシクルの大渋滞が発生することもあります。また、メーターなどは無く料金は交渉制なので、必ず乗車前に確認を。相乗りや荷物が多い時にはもちろん、観光地の周辺などは高くなる傾向です。

◆ 電車

フィリピンの交通事情では、鉄道網が発達していないため、電車は首都のマニラのみで運行しています。
しかも東京都と同じ位の人口が生活しているにも関わらず、電車の路線はわずか3路線だけ。
但し、どの路線も電車は6〜8分おきに来ますし、朝や夕方のラッシュ時以外はそれほど混雑しません。
使い勝手も良いので、目的に合えばフィリピンでの留学時に利用しましょう。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。