フィリピンの習慣 レンタル携帯電話

/フィリピン留学・
セブ島語学留学をサポート【スタディ フィリピン】

Bridges for International Communication

全国8箇所にご相談窓口を設けております。

Bridges for International Communication
仙台オフィス東京オフィス横浜オフィス名古屋オフィス大阪梅田オフィス福岡オフィス大分オフィス
営業時間 10:30~17:00 (定休日:年末年始)
050-5807-3410 050-5807-3410
  • ※お電話でのカウンセリングはお承り出来ません
  • ※お電話でのお問い合わせの際は「スタディフィリピンのHPを見た」とお伝え下さい

menuボタン

フィリピンの習慣 レンタル携帯電話

フィリピンの習慣

レンタル携帯電話

レンタル携帯電話

日常生活で欠かせない携帯電話ですがフィリピンへ留学に行く際はどうしたらいいのでしょうか?
現地へ行った途端に使えないのは相当不自由なはず。
やはりフィリピンでも、語学留学で来ている方のほとんどが、携帯電話を手にしています。
ここではレンタル携帯電話についてご紹介します。

どの携帯電話を使うのか

フィリピンでの留学生活にとっての重要アイテムの携帯電話。
どの携帯電話を使うのか考える際、まずは次の3択になります。

  • 1.日本で使い慣れたものを持参
  • 2.現地で新品を購入する
  • 3.レンタルで借りる

以上の中から3択になるかと思います。いったいどれを使うのが自分にとって良いのか、レンタル携帯電話はどうなのか…などについて考えてみましょう。

1日本で使い慣れたもの
日本で使い慣れたもの

日本で使っているものなら操作方法なども熟知しているのでひとまず安心でしょう。但し、日本と違い、国際ローミングサービスを利用するため、通話料金が跳ね上がります。また、かける時だけではなく、電話とメールの着信も同様に通話料金が高いので要注意です。つまり現地にいる者同士に国際電話の通話料が発生してしまいます。
そのため、短期間の旅行や出張ならまだ良いですが、フィリピンで語学留学する際など、ある程度の滞在期間があるなら、日本と同様の感覚で携帯電話を使っているとびっくりするような請求額を目にすることになるでしょう。

2現地で新品を購入する

フィリピンで語学留学する方の中には、友人との連絡手段として現地の携帯電話を購入する方もいます。
契約形態は日本と異なり、プリペイド形式のものが主流です。
地元の方なら比較的簡単にショッピングモールの携帯ショップなどで購入出来ますが、契約内容の説明、書類の確認やサインは重要なので、本人以外のサポートが必要かもしれません。
また、購入しても日本で使えないものがほとんどです。さらに、留学して間もない時期は、日本の家族や友達と連絡することが多いはず。出来れば、フィリピン留学の渡航前に携帯電話があった方が安心でしょう。

3レンタルで借りる

フィリピンでレンタルしたほうが、日本で借りるよりも維持費や通話料金が安い場合が多いのですが、日本語が通じるショップを見つけるのが難しい上に、説明書や契約書は当然、英語になります。
また、日本への電話料金が割高なことや出発前に電話番号がわからないことは不便なので、やはりレンタルで考える場合は、日本であらかじめ契約をしておいたほうが良いでしょう。
現地に到着後、すぐに携帯電話が利用出来ることはもちろん、出発前に電話番号がわかることもメリットです。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。